2008年8月20日 (水)

もう一日引っ張っちゃお。

仕事が始まったら、ずっと真っ暗なお散歩が続いています。

MGさんから頂いた、モンソンソレイユをチカチカさせて暗い夜道を歩いています。光が結構強くてみんなの注目です。(ちょっと自慢happy01

そんな訳で写真がない。部屋の中でもなかなか撮れない。。。
北京オリンピックも見なけりゃいけないし(笑)

それにしても女子が頑張っているな。まるで今の日本だ。
ソフトボールも上野が頑張って銀メダル以上が確定したし。
明日の決勝戦もガンバレ!

そこでそこで。。。もう一日おつきあいください。

富士山のおまけpaperPhoto

前回までご紹介した写真の中に、富士山に貼りついた緑が目にとまったと思います。

実はこの花。『オンタデ』と言う名前です。高所に強いらしく、八号目の上まで咲いていました。

須走口にはお花畑と呼ばれる場所があって、富士アザミや色とりどりの高山植物が咲いています。

(この花)で思い出した。富士山の神様って知っていますか?

コノハナサクヤヒメ(木花咲耶姫)。天孫降臨のニニギの尊の奥さんです。また、富士山にはかぐや姫伝説もあるんですよ。

by 登山ガイドから観光ガイドに転職したパパ。。。

今日もご訪問ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
皆様のポチ!が頼りです。よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ ←ウイリーにココへポチ!

にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ ←うららにもココへポチ!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年8月19日 (火)

パパの富士登山 Part2

この記事やっぱり一日じゃ終わりませんでした。
二日間の連載で、後半の始まりです。

sunsunsunsunsunsunsun fuji sunsunsunsunsunsunsunsun

頂上に着いて初めて岩場に腰を下ろし休憩。
少し早いけど昼食にしました。と言ってもコンビニのおにぎりとポカリ、チョコレートを少しだけです。わびしいですか?

以前はママに作ってもらったりしてたんですが、コンビニのおにぎりは完全パックしているので、多少つぶれても大丈夫。意外と便利なんです。水筒じゃなくペットボトルにしているのも飲み終わればつぶして荷物にならないからです。

ここで持ち物をご紹介paper

◎コンビニのおにぎり3個。
◎水のペットボトル500mlを2本。スポーツドリンク500mlを1本
◎チョコレート1個(甘い物は必需品)
◎着替えの半そでトレーナー・防寒用のジャージ(上)・タオル2枚
◎ウインドブレーカー兼用の雨具
  (これだけは軽くてしっかりしたものを持って行きます)

以上をザックに入れて、長袖・長ズボン・登山靴・軍手を身につけ、帽子をかぶり金剛杖を持って行きます。最近はストックを持っていくのが流行ですが、富士山は登りではほとんど必要ありません。

火山礫の上を下る際には昔ながらの金剛杖の方が使いやすく感じます。

sunsunsunsunsunsunsunsunsunsunsunsunsunsunsun

食事をしていたら、ちょうどこの日は終戦記念日。一週間前に落雷で無くなった方の冥福も兼ねて、剣が峰で黙祷をします。とアナウンスが。。。

この後逆方向へ向かう予定だったので、指定の場所には行きませんでしたが、その時間に黙祷させていただきました。

で、どこへ向かったかと言うと。

ママとお世話になっている知人に少しお土産を買いたいと思い、お鉢めぐりのついでに須走口へ。Photo_8

先日UPした写真。御殿場口の頂上から見た噴火口と剣が峰です。

動画で見るとこんな感じ

荒漠たる風景です。これからここを一周します。

富士山頂には3つの登山口があります。

パパが登った富士宮口、すぐ隣に御殿場口。反対側に須走口。

この須走口は八号目で山梨県側の富士吉田口登山道と須走口登山道が一緒になるので、一番賑やかで、土産物も買うことができます。Photo_9

11時10分に富士宮口を出発して、30分で着きました。時代劇にでも出てきそうな雰囲気でしょ。

この頃から東側の積乱雲が高くなってきて、少し寒くなりました。

これはといったものは無かったのですが、日付とイニシャルを刻印してくれるので、キーホルダーを買いました。またこの山頂には富士宮口が銀名水、須走口には金名水と言われる山頂で湧き出す水を買うことができます。これを飲めば長生きできると言うのですが。。。

ここでも動画を撮りました。

天気が良ければ最初に丹沢山塊。左に行くにしたがって山中湖、その向うに東京や秩父連山も見えるはずなんですが、すべて雲の下でした。(残念)

さて、もう半周して剣が峰に登ります。

これは火口の中からの景色です。お鉢と言っても北側は噴火口の中に少し入ります。そしてここからが最後のきつい登り。

ヒーコラ登っている時に、お友達ができました。四国のご出身で、厚木から仲間で登山していると聞きました。友人たちは疲れて先に下山したんだそうです。でもせっかくだからと、一人でお鉢を周わっていたんです。お互い一人旅とても穏やかな男性で、仲良く剣が峰、富士宮口と一緒に歩かせてもらいました。Photo_10

西側はまだ雲も少なく富士五湖の一つ精進湖を望む事ができました。

この男性と出会えて良かった。と言うのも、ピークの時に登ったせいか、マナーの悪い登山客ばかり目についていたんです。
登り優先なのに自己中で下る人たち。山ですれ違う時には声をかけるのが礼儀なのに無視する人たち。ロープを跨いで、まっすぐ降りてしまうカップル。何気ない行為が、落石を起こし大事故につながる事だってあるのに。。。

最後の半周は、この日一番の良い登山行でしたhappy01

さていよいよ下山。

私の一番好きなコースは富士宮口から登って、帰りは御殿場口を八合目まで下り、そこから富士山に開いた大きな穴『宝永火口』の中に下り富士宮口の六合目に出ると言うルート。今回もその予定でした。ところがPhoto_11

Photo_12 1枚目と2枚目の違い判りますか?

最初は頂上に着いた時、次は下山しようとした時です。

そうです。雲海が高くなってきたんです。

積乱雲も発達してきて、遠くに雷の音も。。。

これでは宝永火口に入るときには濃いガスの中だと思いました。

一人旅、安全第一。予定を変更して安全な富士宮口を下山する事にしました。

午後1時30分下山開始。

先ほどの判断は間違っていなかったようです。七合目まで下ったら霧の中に入り、六号目ではじっとり濡れるほどの濃い霧になりました。

午後3時30分 五合目に到着。

登りに3時間40分かかった道のりを2時間で降りることができました。

水が塚についた時には路面がかなり濡れていました。

それから一時間、我家に戻ってみると雨の降った様子はなく、ウイリー達がアヂ~!と出迎えてくれました。

パパの富士登山。。。終わり。

終わりに一言。
もしこれから富士登山に行こうと思われている方、パパの登山時間は参考にしても、目標にはしないで下さい。命に関わります。
同じ行程を頂上まで、始めての方なら5時間から6時間。8時間以上かかる人もいます。できれば経験者を交えて安全な登山を、そしてマナー良く登ってください。

最後までお読みいただいたあなた。本当にありがとうございます。
あなたはとっても良い人ですhappy01

明日からはまた、ウイリーとうららの登場ですよ。

今日もご訪問ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
皆様のポチ!が頼りです。よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ ←ウイリーにココへポチ!

にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ ←うららにもココへポチ!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

パパの富士登山

短かった(本当に!)夏休みも終わり、また忙しい毎日の始まり。。。

残っているのは筋肉痛。。。歳のせいかまだ少しcoldsweats02

その原因になった富士登山の様子を紀行文にしてUPして見ようと思います。少し長いけど、一日じゃ終わらないかもしれないけど、良かったらお付き合いください。

ではでは

sunsunsunsunsunsunsun fuji sunsunsunsunsunsunsunsun

自宅を出てから一時間。午前6時に表富士周遊道沿いにある水が塚公園に到着。ここから富士宮口登山道五合目までシャトルバスが出ています。Photo

すでに大勢の人でにぎわう水が塚は気温18度。肌寒く感じました。

ここで身支度を整えてシャトルバスに乗り込みます。往復で1300円。
全員が座れるように配慮してくれるので、とても楽です。

五合目までは約30分の道のり、景色を楽しみながら登っていきます。(パパは寝てました。。。catface

6時45分五合目着Photo_2

すでに森林限界を超えて、展望台から南アルプスや駿河湾が雲海越しに眺められました。

ここで身体を慣らし、高山病にならないように、何もせずぶらぶらします。

ご来光を拝むための夜行登山の時は、一時間ぐらいとるのですが、今回は日帰りなので30分にしました。Photo_3

頂上もこんなに近くに見えるので、簡単に登れちゃうって思う人も結構います。

午前7時10分登山開始
六合目まではバスツアーの観光客もいけるので、そんな人に混ざって出発です。

サンダル履きの若い人に追い抜かれながら。。。

途中で、片足を引きずりながらゆっくり登る30代位の男性とお母様に出会いました。

以前は大学の登山部でアルプスとか駆け巡った方だとか、事故の後遺症で左半身が思うようにならなくなってしまったとおっしゃっていました。もう一度山に行ってみたいと、頂上までは無理だけど、せめて六合目までと頑張っていました。

私も健康でこうしてまた富士山にこれた幸せを感じました。

午前7時25分 六合目通過。ここからいよいよ急坂の始まりです。
マラソンと同じで、この時にうまくペースをつかめないと後々に響いてきます。周りの人に追い抜かれながら、ゆっくり登ります。

午前8時 新7合目通過。この時先日UPした相模湾が雲海の向うに見えました。

午前8時40分 本7合目通過Photo

人によって違うようですが、私にはここから八合目までが一番きつく感じます。
ご覧のようにすぐ近くに見えているのに、なかなか着かないんです。

そしてとにかく暑い。気温は10度以下だと思いますが、真夏の直射日光がじりじりと。短パンにTシャツで登っている人がうらやましい。

でもじっと我慢。。。3年前にその格好で登ったらひどい事になったので。特にバンダナを鉢巻みたいにしていたら、下山してビックリ!パパの広い?おでこの真ん中に白いラインが。。。

家族には叱られるし、会う人には笑われるし。。。

帽子のひさしから汗を滴らせながら、長袖シャツで登りました。coldsweats02Photo_2

午前9時15分 八合目通過。
ここは臨時の診療所もあり登山道で一番大きな山小屋です。

ここまで読まれてお気づきになりましたか?
○合目通過と書いてあるのを。パパはこの山小屋では休みません。通過します。頂上に着くまで腰を下ろさないんです。もちろん休憩は取りますが、荷物を降ろして立ったまま呼吸を整えるだけです。座ると動くのが嫌になっちゃうので(笑)Photo_3

一の鳥居を過ぎて小休止。こんな景色が見れました。

午前9時45分 九号目通過Photo_4

頂上がすぐそこに見えます。でもここからが胸突き八丁。10歩進んでは深呼吸10歩進んでは。。。を繰り返しながらひたすら頂上を目指します。Photo_5

先日もUPした大雪渓を右に見ながら次の小屋を目指します。

午前10時25分 九合五尺通過。Photo_6

もう頂上まで山小屋はありません。いよいよ最後のトライです。Photo_7

午前10時50分 登頂!

振り返るとこんな所を登ってきました。

五合目を出発してから3時間40分でした。

長ーい記事を読んでくださった皆様も登頂した気分を味わってください。

お疲れ様でした。

頂上から下山までは明日UPします。

今日もご訪問ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
皆様のポチ!が頼りです。よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ ←ウイリーにココへポチ!

にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ ←うららにもココへポチ!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年8月18日 (土)

富士登山

SATOCHANさん、コメントありがとうございます。これからもウイリーとウララの近況を報告しますのでよろしくお願いします。

今日は三島もとても涼しくなりました。夕方の散歩もノリノリで、ソラくんと思いっきり走り回ったウイリーでした。天気があまり良くなくて、良い写真が取れなかったのが残念です。

Photo_3

昨日(17日)パパはウイリーと少し分かれて、毎年恒例にしている富士登山に行ってきました。今年は一人で単独登山です。昨年登頂3時間に挑戦して、そのあと筋肉痛で苦しみましたので、今年はゆっくり登ろうと思ったのですが、単独だと無理してしまいます。頂上まで3時間40分・・・

でも、これでいっぱいいっぱいという感じでした。この一年で歳を食ったなあと実感させられました。それでも山はやっぱりいい!出会う人たちもみんな良い人に見えます。もし来年登ろうかなという方がいたらご連絡を、一緒に行きましょう!!

Photo_4 Photo_5

山頂での気温は多分10度くらい、三島に比べればすごく涼しいはずなんですが、好天で半そでTシャツでも汗ばむくらい暑かったです。でも三島に帰ってきたらうだるような暑さ、ウイリーも「お前だけ何やってんだ?」という顔して不機嫌そうに迎えてくれました。今は少し筋肉痛と日焼けに苦しんでいるパパです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月16日 (木)

箱根

Photo_2  昨日 8月15日、箱根のピクニックガーデンに遊びに行ってきました。7万㎡のフィールドという言葉に誘われて涼しさを求めて出かけたのです。確かに大草原でした。驚くほど小さなドッグランを除けば・・・。

Photo_3 2

木陰はさすがに箱根だけあって風が心地よかったです。
芦ノ湖を背景にうれしそうに駆けてくるウイリーもとても気持ちよさそうでした。

最大の収穫は、すてきなハナちゃんご一家に会えたことです。Wコーギーの女の子で、年も一緒毛並みも良く似ていました。とても優しい子で、ボールをとってくるのが上手でした。(ウイリーも見習え!)

町田からお見えとの事でしたが、パパもママもお嬢さんもとても優しいそうなご一家でした。

そこへ小さなヨーキーをつれたご家族が・・・。おばあさんが「うちの子ハナちゃんていうコーギーが(このハナちゃんとは別の子です)大好きなの」。思わずみんなで「え?この子ハナちゃん!」ビックリしました。.同じ名前のワンちゃんているもんですね。

ハナちゃんのご一家の皆さんありがとうございました。

Photo_4 Photo_5

左がハナちゃん

右がウイリー

画面クリックして!大きくなります。

<a href="http://dog.blogmura.com/"><img src="http://dog.blogmura.com/img/dog88_31_orange.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 犬ブログへ" /></a>

| | コメント (1) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ゲーム | ペット | 学問・資格 | 旅行・地域 | 趣味 | 音楽