« パパの富士登山 | トップページ | もう一日引っ張っちゃお。 »

2008年8月19日 (火)

パパの富士登山 Part2

この記事やっぱり一日じゃ終わりませんでした。
二日間の連載で、後半の始まりです。

sunsunsunsunsunsunsun fuji sunsunsunsunsunsunsunsun

頂上に着いて初めて岩場に腰を下ろし休憩。
少し早いけど昼食にしました。と言ってもコンビニのおにぎりとポカリ、チョコレートを少しだけです。わびしいですか?

以前はママに作ってもらったりしてたんですが、コンビニのおにぎりは完全パックしているので、多少つぶれても大丈夫。意外と便利なんです。水筒じゃなくペットボトルにしているのも飲み終わればつぶして荷物にならないからです。

ここで持ち物をご紹介paper

◎コンビニのおにぎり3個。
◎水のペットボトル500mlを2本。スポーツドリンク500mlを1本
◎チョコレート1個(甘い物は必需品)
◎着替えの半そでトレーナー・防寒用のジャージ(上)・タオル2枚
◎ウインドブレーカー兼用の雨具
  (これだけは軽くてしっかりしたものを持って行きます)

以上をザックに入れて、長袖・長ズボン・登山靴・軍手を身につけ、帽子をかぶり金剛杖を持って行きます。最近はストックを持っていくのが流行ですが、富士山は登りではほとんど必要ありません。

火山礫の上を下る際には昔ながらの金剛杖の方が使いやすく感じます。

sunsunsunsunsunsunsunsunsunsunsunsunsunsunsun

食事をしていたら、ちょうどこの日は終戦記念日。一週間前に落雷で無くなった方の冥福も兼ねて、剣が峰で黙祷をします。とアナウンスが。。。

この後逆方向へ向かう予定だったので、指定の場所には行きませんでしたが、その時間に黙祷させていただきました。

で、どこへ向かったかと言うと。

ママとお世話になっている知人に少しお土産を買いたいと思い、お鉢めぐりのついでに須走口へ。Photo_8

先日UPした写真。御殿場口の頂上から見た噴火口と剣が峰です。

動画で見るとこんな感じ

荒漠たる風景です。これからここを一周します。

富士山頂には3つの登山口があります。

パパが登った富士宮口、すぐ隣に御殿場口。反対側に須走口。

この須走口は八号目で山梨県側の富士吉田口登山道と須走口登山道が一緒になるので、一番賑やかで、土産物も買うことができます。Photo_9

11時10分に富士宮口を出発して、30分で着きました。時代劇にでも出てきそうな雰囲気でしょ。

この頃から東側の積乱雲が高くなってきて、少し寒くなりました。

これはといったものは無かったのですが、日付とイニシャルを刻印してくれるので、キーホルダーを買いました。またこの山頂には富士宮口が銀名水、須走口には金名水と言われる山頂で湧き出す水を買うことができます。これを飲めば長生きできると言うのですが。。。

ここでも動画を撮りました。

天気が良ければ最初に丹沢山塊。左に行くにしたがって山中湖、その向うに東京や秩父連山も見えるはずなんですが、すべて雲の下でした。(残念)

さて、もう半周して剣が峰に登ります。

これは火口の中からの景色です。お鉢と言っても北側は噴火口の中に少し入ります。そしてここからが最後のきつい登り。

ヒーコラ登っている時に、お友達ができました。四国のご出身で、厚木から仲間で登山していると聞きました。友人たちは疲れて先に下山したんだそうです。でもせっかくだからと、一人でお鉢を周わっていたんです。お互い一人旅とても穏やかな男性で、仲良く剣が峰、富士宮口と一緒に歩かせてもらいました。Photo_10

西側はまだ雲も少なく富士五湖の一つ精進湖を望む事ができました。

この男性と出会えて良かった。と言うのも、ピークの時に登ったせいか、マナーの悪い登山客ばかり目についていたんです。
登り優先なのに自己中で下る人たち。山ですれ違う時には声をかけるのが礼儀なのに無視する人たち。ロープを跨いで、まっすぐ降りてしまうカップル。何気ない行為が、落石を起こし大事故につながる事だってあるのに。。。

最後の半周は、この日一番の良い登山行でしたhappy01

さていよいよ下山。

私の一番好きなコースは富士宮口から登って、帰りは御殿場口を八合目まで下り、そこから富士山に開いた大きな穴『宝永火口』の中に下り富士宮口の六合目に出ると言うルート。今回もその予定でした。ところがPhoto_11

Photo_12 1枚目と2枚目の違い判りますか?

最初は頂上に着いた時、次は下山しようとした時です。

そうです。雲海が高くなってきたんです。

積乱雲も発達してきて、遠くに雷の音も。。。

これでは宝永火口に入るときには濃いガスの中だと思いました。

一人旅、安全第一。予定を変更して安全な富士宮口を下山する事にしました。

午後1時30分下山開始。

先ほどの判断は間違っていなかったようです。七合目まで下ったら霧の中に入り、六号目ではじっとり濡れるほどの濃い霧になりました。

午後3時30分 五合目に到着。

登りに3時間40分かかった道のりを2時間で降りることができました。

水が塚についた時には路面がかなり濡れていました。

それから一時間、我家に戻ってみると雨の降った様子はなく、ウイリー達がアヂ~!と出迎えてくれました。

パパの富士登山。。。終わり。

終わりに一言。
もしこれから富士登山に行こうと思われている方、パパの登山時間は参考にしても、目標にはしないで下さい。命に関わります。
同じ行程を頂上まで、始めての方なら5時間から6時間。8時間以上かかる人もいます。できれば経験者を交えて安全な登山を、そしてマナー良く登ってください。

最後までお読みいただいたあなた。本当にありがとうございます。
あなたはとっても良い人ですhappy01

明日からはまた、ウイリーとうららの登場ですよ。

今日もご訪問ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
皆様のポチ!が頼りです。よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ ←ウイリーにココへポチ!

にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ ←うららにもココへポチ!

|

« パパの富士登山 | トップページ | もう一日引っ張っちゃお。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

あれれ?昨日コメが・・・ない。書いたつもりだったのですが。。。
楽しいです!富士登山!!・・・って登ってないくせに(笑)
なんかすごいです!!心が洗われる感じですね。子供のころ・・・車で途中まで連れていってもらった事があるのですが、雲の上に自分がいた時には、ものすごく感動しました!!!
登山する時には、状況判断しながら予定を組むことも大切なんですね。勉強になります。登山のマナー、初めて知りました。知らない人と声を掛け合えるっていいですね。

投稿: p.berry | 2008年8月20日 (水) 01時21分

一番最初の動画、見れませんでした><
かなり風邪が強いのですね。パパさんが飛びそう・・
白く見えるものはもしかして雪?
壮大なる自然を満喫できました。来年は私もお供したいって思ってしまいました。が・・足手まといになってしまいますね。
山頂で食べるおにぎり、美味しいでしょうね。
袖摺りあうも何かの縁、途中からご一緒された方もきっとパパさんのこと大きな思い出になっている事でしょう。そんな出会いが素敵です。
雲の変化で状況を見極めるって・・経験が豊富でないと出来ないですね。
どんな時にでもマナーを守るって大事な事ですね!

投稿: MG | 2008年8月20日 (水) 02時18分

富士山から見た山中湖ってコップのお水くらいに見えるんでしょうか?
富士山は、山中湖から仰ぎ見るととても雄大に見えましたよ。
私たちが見上げていた富士山から見下ろされるのってなんだか不思議な感覚です。

それにしても、どこにでもマナーの悪い人はいるんですね。
以前、亡くなった方も出た大きな落石事故も起きてるのに忘れてしまったのでしょうか?

国府津まで来られるんですか?
二宮はお隣ですよ。
吾妻山公園って駅から登れる景色の良い山もありますので、今度ぜひ遊びにいらしてくださいね。

PS‥いただいた御本読み終わりました。
  思うことは沢山あるのですが、感想が
  上手くまとまらなくて‥
  後日、お便りさせていただきますね。

投稿: 雛のご主人 | 2008年8月20日 (水) 10時15分

P,berryさんへ♫cloud
本当!どこへいっちゃんたんでしょうねコメント。
読めなくて残念だったな~。
五合目までは5月の連休から11月3日まで車で上がることができます。こちらにお出かけの時には、また訪れてみて下さい。夏とは違った富士山が見れますよ。
よく「一人で登って寂しくないの?」なんて聞かれますが、出会う人たちと言葉を交わす。ぜんぜん寂しくないです。新たな出逢いもありますし。
なんと言ってもこの時ばかりは目的が一緒ですから。

投稿: ウイリーパパ | 2008年8月20日 (水) 12時34分

MGさんへ♫sun
満喫していただいて良かった。動画は全部で3本。
こちらでは見れるのですが。。。
まあ最初のはそんなに残念な映像じゃありませんから。
白いのはまさに雪です。と言っても崖の下の日陰なので、近寄れません。私も眺めるだけでした。
もともとウイリーに似て臆病な方ですから、危険を察知するのは敏感なんです(笑)
もし登られるんでしたら、喜んでお供します。
足手まといなんてそんな。
山は気持ちよく登ればいいんですよ。万一頂上に立てなくてもscissors

投稿: ウイリーパパ | 2008年8月20日 (水) 12時40分

雛のご主人様♫sun
いえいえかなり大きく、はっきりと見えます。
須走口から見ると、ちょうど漫画のクジラみたいに見えるんですよ。地図の通りです。
そうなんです。危険だからと、登山道の大きな石を片付けながら行く人もいるのに、無神経な人たちには正直poutになっちゃいます。
二宮にも遠い親戚があります。吾妻山公園はアガツマヤマって読むのかな?お彼岸の頃に行って見ようかな。

お読みいただいてありがとうございます。
ぜひご感想をお聞かせ下さい。

投稿: ウイリーパパ | 2008年8月20日 (水) 12時44分

火口付近は本当に荒涼としたけしきなんですね~~
初めて見ました!
動画に入っている音は風の音ですか?
けっこう吹いてそうですね~~
山の天気は変わりやすいって言いますけどホントですね~
ご無事でなによりです!!
初めての人はパパさんの倍も時間がかかるんですね~
パパさんの記事からはもっと簡単に思ってしまいました!
山は甘く見てはいけないとつくずく思いました。。
なんか支離滅裂になってしまいましたが・・・
いいものを見せていただきました!
ありがとうございました♪

投稿: cutieplanet | 2008年8月20日 (水) 18時39分

Cutieplanetさんへ♫sun
富士山は遠くから見ると優美な姿なんですが、実際は岩だらけ。九号目から上は草も生えない荒涼とした世界です。この日はそんなに風が強いと言うほどではありませんでしたが、火口の中はいつも風がまわっているらしく、普段からこんな音がします。
本当に荒れたら立っていられません。

そうそう。山は人によってすべてが違います。富士山じゃなくても小さな山でも甘く見てはいけないと思います。私も始めての山の時にはもっと慎重になります。

投稿: ウイリーパパ | 2008年8月20日 (水) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219053/42216800

この記事へのトラックバック一覧です: パパの富士登山 Part2:

« パパの富士登山 | トップページ | もう一日引っ張っちゃお。 »